フランス料理に使われる代表的な高級キノコ「ムースロン」

フランス料理に使われる代表的な高級キノコ「ムースロン」

ムースロン(mousseron シバフダケ)というキノコ

日本では一般的に食されていないが、ヨーロッパでは多くのきのこ通がシバフタケを好んでいる。一般的にきのこを食べる人はクッキーなどにきのこを使うことはしないが、このきのこは焼くと甘みが出るため、焼き菓子にも向いている。伝統的に繊維質でまずいとされる茎は切り落として、傘は糸で吊るし、乾燥させる。シバフタケの甘みはトレハロースに由来しており、この糖分のおかげでシバフタケの細胞は乾燥による死を避けることができる。完全に乾燥した後に水にさらすと、きのこは細胞を甦らせるためにトレハロースを消化し、細胞の再生と新しい胞子の製造を始める。

アトラクティーボでは日本では手に入りにくいイタリア野菜を中心にスペイン野菜・フランス野菜などの西洋野菜や種子を栽培生産および販売・通販を行っております。

イタリア野菜・西洋野菜と種子通販・販売アトラクティーボ


 

フランス料理に使われる代表的な高級キノコ「ムースロン」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です