美しいシマ模様と甘くてとろける美味しさのナス/リスターダ・デ・ガンディアの種

美しいシマ模様と甘くてとろける美味しさのナス/リスターダ・デ・ガンディアの種

これは紫の縞模様が美しいナスで、品種名もゼブラ(Zebra)といいます。一般的な千両茄子よりも大きくふっくらとしていて、米ナスと同じくらいかやや小さいくらいの大きさです。

同じように紫の縞模様が入るナスにカプリスやフェアリー・テイル、リスターダ・デ・ガンディアなどいくつかの品種があり、「ゼブラなす」という呼び名はそれらの総称としても使われています。

ゼブラの特徴
この品種は皮がやや固い傾向にあるようです。しかし、果肉は締りがあり、加熱することで独特の食感が生まれ、苦味などもなくとても美味しいです。

◆調理のポイント
基本的には加熱調理に向いたナスで、肉質に締りがあり、生や漬物には向いていません。

やや皮が固い傾向にあり、素揚げすると皮がセロハンのように口に残ってしまう感じになる場合があります。切ってみた時に、皮が固そうであれば剥いて調理する方が良いかもしれません。焼きナスにすると綺麗に皮が剥けます。

果肉がしっかりとしているので、焼いたり煮ても崩れにくく、それでいて食べた時に適度な食感として楽しめる柔らかさになります。
やっぱり、縞模様が料理映えしますね!

美しいシマ模様と甘くてとろける美味しさのナス/リスターダ・デ・ガンディアの種

この卵の形をしたイタリアの美しさは、不規則な白い縞模様の紫色の長い5〜6インチの果物を持っています。目と口蓋の両方に心地よいユニークなナス。「Listada de Gandia」の苗は他の品種ほど活発ではなく、成熟した植物です高温に耐え、干ばつによく耐えます。成長期が長く暖かい地域に最適です。調理のために薄い皮をむく必要はありません。

基礎

成長のしやすさ 気質

として成長 年次

満期までの日数 75(春/夏)

成長する習慣 ブッシュ

丈夫さ 入札

作物 春の移植、春

生育期 長いです

品種タイプ -

成長条件 温かい、熱い

屋外成長温度 65°F-95°F

最小屋外土壌温度 60°F

屋内で開始 はい

アウトドアを始める はい

 日:分 毎日6時間(ウォーム、ホット)

 中程度

フィーダ 中程度

適合性 干ばつ耐性、高熱、多くのスペースが必要

小さな庭? 番号

コンテナ? はい

有益な昆虫を引き付ける? 番号

 ライトピンクラベンダーとホワイト

フルーツサイズ 5.0-6.0 ”

植物の高さ 24.0-30.0 ”

植物の直径 12.0-18.0 ”

ハーディネスゾーン 5-11

耐病性

味覚プロファイル 繊細で甘いマイルドな風味、クリーミーな一貫性、苦味はありません。調理のために薄い皮をむく必要はありません。

美しいシマ模様と甘くてとろける美味しさのナス/リスターダ・デ・ガンディアの種

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!