ちりめん状の美しい葉が特徴サボイキャベツ

サボイキャベツ

●サボイキャベツとは

◆フランスの地名、サボイ地方が名前の由来

サボイキャベツはフランスのサボイ地方で作られてきたことからそのように呼ばれるようになったといわれています。フランスをはじめ、ヨーロッパでは比較的身近なきゃべつで、フランスやイタリアなどの料理本でもよく見かけます。

日本ではその葉の様子から「ちりめんキャベツ」とも呼ばれています。

オランダなどから輸入物されてきましたが、国内でも各地で栽培されるようになって来ました。それでもびっくりするような価格が付いています。

◆サボイキャベツの特徴

国内で作られているサボイキャベツは一般的なキャベツより小ぶりで、巻きはややゆるく、中心は黄色ですが、かなり内側の葉まで緑色をしています。葉はちりめんキャベツと呼ばれるとおり、表面に向けれ膨れるように細かく縮れており、葉の裏側は細かく凹んでいます。その為裏の方が見た目に葉脈が浮き上がった感じに見えとても美しいです。

葉は一般的なキャベツに比べ水分が少なく繊維質で、生のまま食べるとく柔らかい部分でもサクサクとした歯ざわりで、硬い部分だとバシバシする程で食べにくいです。

噛み締めているうちにほんのり甘味が感じられますが、日本で一般的なキャベツの甘さほどではありません。

●主な産地と旬

◆主な産地と生産量

宮城県のJA加美よつばや北海道などから出荷されていますが、それ以外にも各地で作られているようです。

◆サボイキャベツの収穫時期と旬

収穫時期は11月頃から3月頃までの寒い時期で、旬は12月から2月頃となります。

イタリアなどで栽培され、イタリアではヴェルツァ(Verza)と言うサボイキャベツ(Savoy Cabbage)。
縮れた葉を持ち、肉厚で緑色が濃く、加熱で素晴らしく甘くなり、長く煮込んでも煮崩れません。 このキャベツ、調理に使って最高に美味しいキャベツで、大好物なのですが、最近の洋野菜ブームで、栽培する営農さんも増えてきたようです。

葉の縮れがクッションとなって輸送にも強く、日持ちの良い品種です。
レストランなどでよく使われおり、生食にはあまり向いていませんが、煮崩れしにくく加熱すると甘みがでるので、煮込み料理などに最適です。
日本での栽培は少なく、海外から輸入したものを使うことが多いようです。

アトラクティーボでは日本では手に入りにくいイタリア野菜を中心にスペイン野菜・フランス野菜などの西洋野菜や種子を栽培生産および販売・通販を行っております。

イタリア野菜・西洋野菜と種子通販・販売アトラクティーボ


ちりめん状の美しい葉が特徴「サボイキャベツ」の種 30粒

ちりめん状の美しい葉が特徴「サボイキャベツ」の種

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です