黄金かぶと呼ばれている西洋かぶターニップ

黄金かぶと呼ばれている西洋かぶターニップ

●黄かぶ/黄金カブとは

◆黄色い西洋かぶ
黄金かぶと呼ばれているものは外皮、果肉共に黄色いターニップ(西洋かぶ)の一種で、ルタバガに似ていますが、ルタバガが腰高で葉柄の付け根周辺が黄緑になる傾向があるのに対し、本種は形が日本の小かぶと同じように丸く、全体に綺麗な黄色になっています。

◆黄かぶ/黄金カブ/イエローターニップの特徴
黄金かぶは直径6~7cm程でちょうど一般的な白いコカブと同じくらいの大きさです。形もよく似た球形です。

表皮が綺麗な黄色なのに対し中の肉色はクリーム色で、一般的なカブよりも固く締りがありルタバガに近い感じです。

香りは強くはなく、ほんのりと甘く一般的なカブとは少し違った柔らかい風味です。

●美味しい食べ方と料理

◆調理のポイントと用途
黄金かぶは西洋かぶなので、シチューやポトフなどの煮込み料理が王道です。その他ブイヨンで煮てマッシュにし、メイン料理の付け合わせにされることも多い。すこし硬めですが薄くスライスすれば生のままでも食べられるので、綺麗な黄色い色を活かしサラダに加えるのも良いでしょう。厚さ1~1.5cmに輪切りにして、塩胡椒を振りソテーしても付け合わせになります。

黄金かぶと呼ばれている西洋かぶターニップ

古代の作家が言及した最初のカブ(Brassica rapa)は白でしたが、1500年代初頭には黄色い肉の品種が育ちました。カブまたは黄色カブ。
黄色いカブは育てやすい野菜で、種をfromいてから白い根と緑と呼ばれる柔らかい葉を収穫するまで数週間しかかかりません。ビタミン、高レベルの鉄、カルシウム、チアミンなどの栄養素を含んでいるので、若い根と葉の両方を生で食べることができ、古い部分は煮たり、ローストしたり、マッシュしたり、シチューで他の野菜と組み合わせたりできます。

黄色いカブの品種
イエローグローブとも呼ばれるアンバーグローブは、150年以上にわたって人気があります。黄色のオランダのカブとしてイングランドに導入され、その強靭さのためにスコットランドと北米で人気があり、秋に植えて空腹の庭師を冬中ずっと続けるのに最適です。
ゴールデンボールは、ゴールデングローブに似た黄色い肉の別の家宝カブです。どちらも甘いマイルドな風味を持ち、スープやマッシュとニンジンや他の根菜と簡単に組み合わせることができます。ギルフェザーには、白と緑の肌と、淡い黄色またはクリーム色の肉があり、味は穏やかなルタバガに似ています。
ジョーンブールドールはフランスの家宝のカブで、ゴールデンボールと呼ばれることもあり、深い金色の黄色い肉と黄色い肌をしています。それはつぶすのに十分滑らかで、ルタバガのように甘い。早熟で、春と秋の両方の植え付けに最適です。
人気の黄色い肉のルタバガ品種には、アメリカンパープルトップ、アルタスイート、およびローレンティアンが含まれ、グローブ型のルートの上半分に紫色の皮があり、スープやシチューに豊かな風味を加えます。

黄色いカブを育てる方法
黄色いカブは、他の人と同じように、暑い気候で木質と苦味を得る傾向があり、土壌が40代半ばを超える春の終わりに植えるのが最適であり、再び厳しい凍結の前に季節が長い秋に植えます。秋に植えられたカブは、しばしば軽い霜の後に甘い味がします。  
湿った肥沃な土壌と完全な太陽の下で浅いカブの種を植えます。種子床を軽くすくい、1/4インチ以下の深さまで埋め、種子を始めるための水を入れます。1、2週間以内に芽が出ます。  
植物が6インチ以上の高さになると、若い植物を収穫して、より大きな根のために4〜5インチの間隔を空けて混雑した植物を間引きます。野菜は品質と風味がすぐに失われるため、冷蔵庫の密閉袋に3〜4日しか保管しないでください。冷蔵庫に2〜3週間は小さな根を、冷たくて湿った暗い場所には最大数か月間、大きくて成熟した根を保ち、腐敗や腐敗を頻繁にチェックします。

イタリア野菜・西洋野菜の種子のご購入はこちらへ

黄金かぶと呼ばれている西洋かぶターニップ

error: Content is protected !!