バターナッツカボチャの栽培方法

バターナッツかぼちゃのプリンレシピ

バターナッツ(かぼちゃ)

特徴
果皮色はオレンジがかった明るい肌色
果形はヒョウタン型
果肉色は鮮やかなオレンジ色
果重は1.5㎏前後

栽培方法

種まき
ポット播きしフレームで覆って保温育成

定植
本葉が3~4枚程度になったら株間60~80cm、条間150~200cmで定植する。
定植の2週間前に苦土石灰、肥料、堆肥などをしておく。
定植前には十分な量の有機堆肥などを元肥として施しておく

親づる1本と子づる2~3本を残して整枝。

収穫の目安
開花後40~50日後、ヘタのコルク部分に細かいひび割れが入ると収穫適期

播種・収穫時期
冷涼地 播種:4月~6月 収穫:6月~9月
中間地 播種:3月~5月 収穫:6月~8月
暖地 播種:3月~5月 収穫:5月~8月

育ててみて
発芽までの日数 約10日

栽培の要点

●畝幅2.5m、株間75~80cm、本葉5枚程度で親づるを摘芯し子づる3~4本仕立てとする。
●草勢を維持し、2~3番果を連続収穫するために的確な追肥を行う。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。

バターナッツカボチャの栽培方法

バターナッツは、種まき後1週間、遅くとも10日では芽が出てきます。温度が足りないと発芽しませんので、注意してください。

本葉3〜4枚になったら、タイミングを逃さず、なる早で定植しないと、勢いが落ちてしまい、失敗になりますので注意しましょう

タイミングは1週間とかで変わりますので、週末菜園なら、早め早めで植えましょう。ちょっと早いかな?と思うくらいでも良いです。

活着の遅れも致命的になりますので、定植したらたっぷり水をまき、株まわりに敷草などをして、土がしまらないようにして、スムーズな活着を促しましょう。

摘芯、整枝をしよう

定植して1週間くらいして活着したら、忘れずに摘心をします。摘心した後に、液肥を撒いて勢いをつけてあげると、子づるがぐんぐん伸びてきますので、子づるを3本に仕立てます。

子づるから出る孫ヅルは、はじめのうちは摘み取ります。とくに根ものとほうから孫ヅルがどんどん出て来やすいので、わけわからなくならないうちに、早めに整枝をしましょう。

人工交配をしてみよう

3本の子ヅルがグングンと伸びてきたら、やがて花がつきます。

先に雌花がついても、雄花が咲くまでは、雌花は摘み取りましょう。バターナッツの場合は、先に雄花が咲くと思います。

花の時期には毎朝チェックして、雌花と雄花がそろっている時に、人工交配をします。

交配はしなくても実が着くことが多いですが、しておいた方が確実で、しっかりした実がつきます。なにしろ交配は、楽しい作業なので、楽しみながらやっておきましょう。

敷きわらをしよう

ひょうたん型の実が太り始めれば、後は収穫をまつだけ。

実が地面に触れていると、途中で腐ってしまうことがあるので、実の下に厚めに敷きわらを敷いて座布団のようにしてあげましょう。

交配から30日〜40日で、はじめ白っぽい皮のいろが、薄茶色に変わります。そうすれば、収穫の時期ですね。

収穫後は、直ぐには食べないで、2週間ほど直射日光のあたらない風通しのよいところに置いておくと、甘みがのって果肉の色も黄色から鮮やかなオレンジに熟してきます。

かぼちゃを収穫後に追熟させることを「キュアリング」と言います。でんぷんが糖に変わるのを待つわけです。キュアリング効果は、えびすなどの西洋カボチャのほうが、その大きな違いを実感できますが、バターナッツなど日本かぼちゃでも、採りたてではなく、しばらく寝かせたものの方が美味しくなりますので、 知識として覚えておいてください。

アトラクティーボでは日本では手に入りにくいイタリア野菜を中心にスペイン野菜・フランス野菜などの西洋野菜や種子を栽培生産および販売・通販を行っております。

イタリア野菜・西洋野菜と種子通販・販売アトラクティーボ


バターナッツカボチャの種 5粒

バターナッツカボチャの種 5粒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です