茎が美味しいアーティーチョーク/カルドン

茎が美味しいアーティーチョーク/カルドン

カルドンはアーティチョークに良く似たイタリア野菜ですがアーティチョークが花蕾を食用にするのに対し、このカルドンは葉柄を食用にします。

通常、レモン汁をいれたお湯であく抜き処理をしてから調理しますが、こちらの品種はセロリのようにそのまま生で食べられます。

オリーブオイルにディップしてシンプルに食べたり、バーニャカウダにぴったりの野菜です!
その他、フライやピクルス、スープに調理します!

カルドンはそのままでは固く、苦みがあるのでまず丁寧に側面のトゲと表面の繊維を取り除いてから40分~1時間以上、灰汁抜きのレモンと共にしっかりと柔らかくなるまで茹でる必要がある。柔らかく茹で上がったカルドンはその香りと味だけでも美味しいですよ。

茎が美味しいアーティーチョーク/カルドン

和名: カルドン
英名: Cardoon
学名: Cynara cardunculus

原産国: カリフォルニア州・アメリカ
形態: キク科アザミ亜科、半耐寒性多年草
栽培期間: 1年
草丈: 150~200cm
種蒔き: 4~6月
収穫:10~12月
発芽適温: 20~27℃以上
発芽率: 90%
耐寒温度: -5℃
耐暑温度: 40℃
多年生: 5年越しする場合もあります。
栽培難度: ★★

【栽培方法】
■環境、土壌
一年中日光が当たる場所がいいです。 土は赤玉土6:腐葉土3:川砂1という配合が向いています。

■種蒔き
覆土は1cm以下にして播種してください。

■水やり
乾燥も苦手ですが、過湿はもっと苦手です。 春から夏の生育期には乾燥を嫌うものの、ハーブなので過湿も嫌います。土が乾いたら水をタップリやって下さい。 特に湿度の高い夏は、土が濡れているうちは水はやらないでください。 秋以降は葉っぱが枯れて休眠します。 枯れた葉っぱは根本から切り取ってください。 放置しておくと病気の原因になります。

■肥料
生育期に液体肥料を二週間に一回ほど与えてください。 肥料が不足してくると株が小さくなってきます。 様子を見て物足りないと思うならば追肥してください。

■冬越し
冬の寒さには比較的強く暖地では戸外で越冬も可能です。 氷点下1度くらいならば寒さに耐えますが、霜柱が立ったり地面が凍るほどに寒くなると根が傷んでかれることもあります。 そこで根も問い腐葉土やワラをしいて寒さ対策をしておきましょう。 寒冷地では育てるのは難しいです。

茎が美味しいアーティーチョーク/カルドン

伝統的な作物

カルドンはアーティチョークの近縁種であり、野生のカルドンは両方の祖先と見なされています。高さ2mまで成長する多年生の低木です。その大きな羽状の葉は、上側が灰色がかった緑色で、下側がほぼ白色です。花は紫色のアザミです。食用の茎のために伝統的に栽培されています。冬季にほとんどの降水量が発生する地中海の乾燥状態に適応します。アーティチョークは通常、栄養繁殖されますが、栽培カルドンは種子から育てられ、一年生植物として作られます。古い低木は、より多肉な一年生のものほど味が良くない繊維状の茎を生成します。

見つかった場所

亜種、つまり野生のカルドン、アーティチョーク、耕作されたカルドンの3つはすべて、地中海地方を起源としています。アーティチョークはおそらくシチリアで飼いならされたという証拠がありますが、カルドンはおそらくスペインまたはフランス内の地中海西部で飼いならされました。カルドンの分布は、東のキプロスから西のポルトガルとカナリア諸島に及びますが、主にイタリア、フランス、スペイン、北アフリカで栽培されています。

カルドンは、スペイン、イタリア、南フランスで地域的に重要な作物であり、伝統的な料理で使用されています。茎は焼いて、煮て、揚げてまたは煮込んで食べることができます。花はチーズ作りのレンネット代替品として使用されます。

食べ方

アーモンドソースがけ

成分: カルドンの4つの茎。細かく刻んだ1個の大きな玉ねぎ。生アーモンド1カップ; 無糖アーモンドミルク1-2カップ; 古いパン2枚; 新鮮なパセリ1束; レモン1個; 塩; 黒コショウ

カルドンを準備するには、粗い端を切り取り、丈夫な繊維を剥がします。レモン汁をかけた冷たい水の中にカットピースを置き、変色を防ぎます。カルドンを縦に半分に切り、次に2インチの小片に横に切ります。45分、または柔らかくなるまで、少量のレモン汁を加えた塩水で沸騰させます。

準備:アーモンドを少しオリーブオイルで炒め、焼かないように炒めます。取っておきます。パンを金色になるまで炒め、取っておき、玉ねぎのみじん切りの手順を繰り返し、茶色になるまで炒める。タマネギ、アーモンド、パンを混ぜ、フードプロセッサーで混ぜます。この混合物を鍋に戻し、弱火で少量の油で調理する。牛乳を徐々に加え、ベシャメルになるようにかき混ぜます。次にカルドンを追加し、ソースで加熱します。塩と砕いた黒胡pepperを加えて味付けし、パセリで飾る。

イタリア野菜・西洋野菜の種子のご購入はこちらへ

茎が美味しいアーティーチョーク/カルドン 茎が美味しいアーティーチョーク/カルドン

error: Content is protected !!