甘酸っぱさがたまらないジャムに最適ビクトリアルバーブ

甘酸っぱさがたまらないジャムに最適ビクトリアルバーブ

ルバーブという野菜はご存知でしょうか? 美容と健康に敏感な方は聞いたことがあるかも知れません。 ルバーブの和名は「ショクヨウダイオウ」ですが、現在ではそのまま「ルバーブ」と呼ばれています。 街の高級食材店や自然食品店などには、ルバーブのジャムが置かれているのももう珍しくはありません。

肉食中心の食事をする欧米では、古くから食卓の必需品として広く栽培されていたのですが、生活スタイルの変化につれて日本でもようやく数年前からジャムなどとして広まりはじめ、バターや牛乳など乳製品との相性の良さが発見されるなどして、21世紀になると需要も急増しています。 繊維質が豊富で、ビタミンCやカリウムやカルシウムも多いため、お通じを良くし、肌の調子を整える効果もあるのです。

和名: ビクトリアルバーブ、ショクヨウダイオウ
英名: Victoria Rhubarb
学名: Rheum rhabarbarum

原産国: ニース・フランス
形態: タデ科ダイオウ属、多年草
pH: 6.0~6.5
草丈: 50~100cm
株間: 1m
播種: 3~6月
発芽適温: 22℃
生育適温: 15~20℃
耐寒温度: 地上部は-4℃程度で枯死するが、根部は耐寒性が強く、北海道でも越冬できる。
耐暑温度: 26℃
連作障害: あり。 2~3年空ける

【害虫について】
病気: ウドンコ病
害虫: アブラムシ
ウドンコ病にかかると葉っぱの表面が白い粉をはたいたようになります。 光合成を阻害したり、植物から栄養を奪って弱らせます。春と秋に発生しやすい病気です。
アブラムシは新芽や葉っぱ、茎などについて吸汁する害虫です。早めに駆除しましょう。

【収穫】
葉柄の長さが30~50cmになったら、葉柄の根元から切り取って収穫する。 食用にするのは葉柄だけで、葉はシュウ酸が多く含まれているので食べられない。 7月以降は収穫しないで、翌年のために株の充実に努める。

甘酸っぱさがたまらないジャムに最適ビクトリアルバーブ

収穫期 播種の翌年5月~7月(以後毎年)
播種期 春/4、5月または秋/9月(中間地、暖地)
発芽適温 20~22℃ 生育適温 冬は地上部が枯れる
栽培法 4、5年に一度更新する時期の株分けで増やすのが一般的だが、春秋の種まきも容易である。直播きの場合、うね幅90cm、株間5~60cmに点播。アスパラガスのように畑の隅に数年植えっぱなしにするので、他の作物の邪魔にならぬようにする。植替え時期に化成肥料に当ると腐りやすい。
播種法 12cmポットに数粒まき本葉5、6枚で株間75cmに定植。
覆土 種が隠れ発芽に必要な湿度がとれる程度。

 

ルバーブのシロップ漬け

【ルバーブのシロップ漬け】
ポイントは、ルバーブが熱に弱く溶け易いため、直接火にかけないことだそうです。
材料:
ルバーブ: 1kg
砂糖: 400gm

作り方
1)ルバーブは4cm位の輪切りに切る。 太いものは人指しゆびくらいの太さに裁断する。
2)ルバーブの上に砂糖をふり掛けて、かき混ぜて置いておく。 しばらくすると汁が出てきます。
3)ルバーブを取り出して、別の容器にとり、あとに残った汁を鍋に入れて火に掛ける。
4)汁が沸騰したら火を止め、鍋の中に先ほどのルバーブを入れる。ルバーブは火にかけると溶けやすいため、火にかけない。
5)冷めたら再び汁だけを火にかける。
6)上記(4)~(5)の作業を全部で3回繰り返して完成!

水耕栽培キットの 販売始めました!

アトラクティーボでは日本では手に入りにくいイタリア野菜を中心にスペイン野菜・フランス野菜などの西洋野菜や種子を栽培生産および販売・通販を行っております。

イタリア野菜・西洋野菜と種子通販・販売アトラクティーボ


甘酸っぱさがたまらないジャムに最適ビクトリアルバーブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です