美容・ダイエットに最適スーパーフード/キヌアの栽培方法

美容・ダイエットに最適スーパーフード/キヌアの栽培方法

生育の時期

5月上中旬に播種すると、8月から9月にかけて各分げつの頂部に白っぽい緑色または赤紫色の花穂を着生し開花を始め、大型で直径が2ミリ程度の扁平な円形の果実が実る。

収穫は10月から11月上旬頃である。開花、成熟はよく揃わず、個体差も大きくばらばらである。また、遺伝的に純粋でないことが多く、花穂や茎葉の色もまちまちな場合がある。

秋の初霜に遭遇すると枯れてしまうため、無霜期間が短いところでは適さないが、東北南部からそれ以南では十分に栽培ができる。

連作はできませんが2期作は可能そうで、春播きのほうが子実増大となりますが雑草・害虫対策がより大変です。

施肥

施肥は十分に腐熟した堆厩肥を2トン程度施すのみとし、化学肥料を用いる場合は、10アール当たり成分量でチッソ2〜4キロ、リン酸5〜6キロ、カリ4キロ程度で十分である。

播種と管理

雑草を抑えるためプラウで耕起し、整地をていねいに行う。

畦幅は70〜80センチ、株間15センチ程度とし、3〜4粒を点播して、発芽後2週間目と4週間目に間引きし1本立てにする。または、条播して適宜間引きを行い、株間1メートル7〜8本を残す。

畦間は適宜中耕して草を抑えておく。

収穫から選別まで

収穫は鎌で株ごと刈り取るか草刈り機を用いる。

刈り取ったキヌアは数本ずつ交互に寄せて畑に立てかけ、天日で十分に乾燥させる。その後、ビニールシートを広げた上で、軽トラックのタイヤなどで踏みつけてばらばらにし、投げ込み式の脱穀機に入れて脱穀し、唐箕で風選して種子を得る。

さらに、外皮を取り、ふるい選と風選、水選を行って土砂などを取り除いた後、天日乾燥を行って精製し、さらにていねいに選別する。

 

■種蒔き

1穴2~3粒蒔き、軽く土をかぶせる。
株間25~30cm、条間70cm
トウモロコシのようにキセニア現象は発生しません。
*最低気温が5℃以上になり、霜が降りなくなってから蒔いてください。
*密集度は80株/m2以下にしてください。
*散播、点播、条播のどの手法でも問題ありません。 ただし、必ず水に浸してから蒔いてください。

■追肥

必要なし

■収穫時期

種蒔き後、100日目が大よその目安です。 茎や茎葉が黄変し、子実が70~80%熟色するのが目安です。 3日間雨が降らなかった後に収穫することをお勧めします。

■収穫方法

草丈が130cm以下でしたらヒエ、アワ、ソバ用のコンバインで収穫可能です。 ほとんどの場合、130cm以上になるので、バインダーで刈り取ってください。 「自脱(自動脱穀)」は回転速度が速すぎるのでお勧めしません。 コンバインに低速モードがあれば使えます。 コンバインによる生脱乾燥の場合、通風温度36℃以下に設定してください。

■乾燥方法

屋内に逆さ吊りして、葉や茎が完全に茶色くなってカサカサに乾燥させてください。 収穫時期にもよりますが、カビが発生しないように注意してください。

■脱穀方法

米や麦の脱穀機でも可能ですが、「低速モード」で脱穀してください。 足踏み脱穀機がお勧めです。

■洗浄・選別

脱穀が完了したら、水洗浄し不純物を除去してください。

■サポニン除去

キヌアにはサポニンが含まれ、人体に悪影響があるとされています。 ただ、これは相当量(毎日キヌア10kgなど)を食べた場合の影響です。 キヌアを洗浄していると、泡が立ちますが、この泡がサポニンです。 収穫したキヌアのサポニンを除去しなくても食味・健康などには影響しませんが、気になる場合には泡が目立たなくなるまで3回程度洗い落としてください。

■精米

精米機にかけて、キヌアを磨いてください。 米の半分以下の時間で十分です。

■洗浄~乾燥

再び水洗浄して、ザルにあげてから自然乾燥させてください。

美容・ダイエットに最適スーパーフード「キヌア」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!