牛の心臓と呼ばれるトマト/ビーフステーキトマト

牛の心臓と呼ばれるトマト/ビーフステーキトマト

ビーフトマトまたはビーフステーキトマトは、栽培トマトの最大の品種の1つで、重量は450グラム以上です。ほとんどはピンクまたは赤で、ビーフトマトまたはビーフステーキトマトは、栽培トマトの最大の品種の1つで、重量は450グラム以上です。ほとんどはピンクまたは赤で、多数の小さな種子区画が果実全体に分布しており、時には、コロンブス以前の古代のトマト栽培品種に類似した顕著なリブが見られます。多数の小さな種子区画が果実全体に分布しており、時には、コロンブス以前の古代のトマト栽培品種に類似した顕著なリブが見られます。

Coeur de boeuf(牛の心臓)と言う名前を聞くとギョッとなるトマト。
調べてみると、このトマト最大350g位までになるイタリア生まれで、水分が多く皮や種に繊維質が多く含まれ、100g15キロカロリーと低カロリーでダイエットにも向いている食べ物らしい。
トマトファルシやラタトゥイユなど調理して食べる事が多いがそのままでもおいしいとの事。
まずはそのままスライスして食べてみました。
普通のトマトに比べて酸味が少なく食べやすい。
フルーツに近い感じで、名前から想像していたより遥かに優しいトマトでした。

イタリア野菜・西洋野菜の種子のご購入はこちらへ

牛の心臓と呼ばれるトマト/ビーフステーキトマト 牛の心臓と呼ばれるトマト/ビーフステーキトマト 牛の心臓と呼ばれるトマト/ビーフステーキトマト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!