イタリアの冬野菜ラディッキオ タルティーボ

イタリアの冬野菜ラディッキオ タルティーボ

ラディッキオ・タルティーボ(radicchio rosso di treviso tardivo)

イタリア野菜の「タルティーボ」は「トレビス」の仲間ですがイタリアでは「ラディッキオ」と呼ばれ、葉が細いこのタイプはタルティーボという種類になります。白と赤紫色のコントラストがとてもきれいです。

タルティーボは生のままサラダにしたり、グリルやソテーなどに利用できます。ちなみに丸いトレビスは苦味がありますが、タルティーボは苦味がなく、加熱すると甘味が増すとのこと。

このタルティーボは少し苦味を感じましたが、サラダにしてドレッシングをかければ苦味は気にならず、サクッとした食感が楽しめました。また、オリーブオイルでソテーして塩コショウをしてみたら、こちらは口当たりはやわらかくさっぱりとした風味でした。今回買ったものは小ぶりで少し鮮度が低下していたようなので、また別の機会に食べると味の印象も変わるのかもしれません。

イタリアの冬野菜ラディッキオ タルティーボ

家族:キク科

:キコリウム

:シコリウムインティバス

説明

後期トレビソラディッキオ、または「スパドーネ」(Cichorium intybus L.)は、キク科に属する年次の栽培サイクルを持つ2年生のハーブです。
ラディッキオがチコリであることを知るのは興味深いです。「ラディッキオ」という用語は、多かれ少なかれ多彩な赤い葉のチコリを指します。
後期トレビソレッドラディッキオは最も古い品種の1つで、他の品種のチコリとチコリとの交配により、既知で現在使用されているもののほとんどが生成されています。
特定の栽培要件はなく、低温に耐性があります。すべてのラディッキオと同様に、播種期間に注意を払い、一定の水供給を確保する必要があります。
それは狭く、長く、深い赤色の葉が特徴で、主静脈は白色で、副葉は空か目立たない。頭はわずかに開いており、伸びています。
キッチンでは、後期のトレヴィーゾの赤ラディッキオは確かに貴重な野菜であり、調理済みまたは生で消費され、歯ごたえのある一貫性と紛れもない苦味があります。

成長シート

ラテン名 Cichorium intybus
生産サイクル 毎年の
推奨播種 コンテナ
種子の量 2
行間の距離 30 cm / 40 cm
平方メートルあたりの植物の推定 8
平均栽培期間 210 gg / 250日間
平均出生日数 3日7日
最低気温 -5°c
土壌pH 6.00 / 7.00
鉢で栽培できます いいえ
フィオーレロッソデルインベルノ、冬の赤い花を意味し  ます。ベネトの農民は、すべてのラディッキオの中で最も美しく繊細なものを、理由もなく誇らしげに呼んでいます。

この珍しい美しさは、トレヴィーゾ、パドヴァ、ヴェネツィアの州でほぼ独占的に栽培されており、栽培は非常に労働集約的であり、収穫が盛大に祝われています。

 

タルディボは冬に収穫され、めったに利用できないほど極端に短いです。彼の近親者である他のラディッキオ品種とは対照的に、彼は苦くはありませんが、新鮮で柔らかく、特にサクサクしています。しかし、それは調理されたときにのみその完全な香りを広げます。

彼に会ったら絶対にアクセスするべきです。晩秋から春まで利用できます。ドイツでは、彼を探すか、具体的に彼に尋ねなければなりません。11月に、私はアンドロナコにそれを注文しました -地面に喜んでいる八百屋も成功するはずです。今では2月に毎週の市場で見つけることもできますが、私たちは甘やかされたハンバーガーであることを認めざるを得ません。ここでは、ほとんどすべてのものを豊富に取り揃えています。冬の花もあります。

イタリア野菜・西洋野菜の種子のご購入はこちらへ

イタリアの冬野菜ラディッキオ・タルティーボの種
error: Content is protected !!