白と紫のゼブラ柄が特徴なイタリアなす「カプリス」

白と紫のゼブラ柄が特徴なイタリアなす「カプリス」

カプリス(caprice)は、ゼブラ柄といって、
薄い紫色に白い縦縞模様が斑に入るイタリアなすです。

イタリアを原産とするナスの品種はカプリスのように、
ゼブラ柄と呼ばれる模様が入っているものが多く、
これらを総称して「ゼブラなす」と呼ぶこともあります。

カプリスの魅力と特徴をご紹介します。

[カプリス]

■カプリスの特徴

・米ナスに近いサイズ
大きさは米ナスと同じくらいの大きさで、丸くずっしりと重みがあります。
イタリアなすは、米ナス(アメリカ原産)と同じく、
ヘタが緑色なのも特徴の一つです。

同じようなサイズ、色のイタリアなすに、
ローザビアンカと呼ばれる品種もありますが、
ローザビアンカは丸ナスで、カプリスは少しだけ縦の長さがあります。

・青ナスに近い食感
青ナスやトロナスと呼ばれるナスと同じように、
果肉がとても柔らかく、口の中でとろけるような食感が楽しめます。

見た目は皮も果肉もしっかりしていて硬そうなイメージがありますが、
とても食べやすい品種です。

・調理方法
イタリアではソテーにしたり、ラタトゥイユに入れたり、
パスタソースにしたりして調理されています。

しかし、とろけるような食感を味わえるカプリスは、
イタリア料理だけではもったいないです。

ナス田楽や焼きナスなど、日本の調理方法にも良く合うナスなので、
イタリアンだけではなく、和食としても味わってみてください。

アトラクティーボでは日本では手に入りにくいイタリア野菜を中心にスペイン野菜・フランス野菜などの西洋野菜や種子を栽培生産および販売・通販を行っております。

イタリア野菜・西洋野菜と種子通販・販売アトラクティーボ


白と紫のゼブラ柄が特徴なイタリアなす「カプリス」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です