パースレイン(プルピエ)の栽培方法

フランス料理で使われる草「プルピエ」

【学名】 Portulacea Oleacea

【別名】 スベリヒユ、サマー・パースレイン、プルピエ

【将来的なサイズ】 高さ:10cm 幅:30cm

【花期】 4~5月

【原産地】 ヨーロッパ、南半球

【耐寒性】 なし

【利用部分】 全草

【利用方法】 園芸、料理

【効能】 利尿作用、解毒作用、風邪の予防

【注意点】 雑草化に注意

パースレイン(プルピエ)の栽培・育て方

パースレインは種子で簡単に栽培できますが、繁殖力があり雑草化しやすいので、管理が必要になります。

【植える時期】
パースレインの植え付けは3~5月か9~10月が適期です。種まきで育てる場合には3~4月が適期になります。

【植える場所】
パースレインは日当りがよく、窒素分の多い砂地に植えるようにしてください。

【植え方】
パースレインは横に広がって生長しますので、株間は40~50cmほど確保して定植します。

【収穫時期】
パースレインは4~10月にかけて収穫することができます。

【収穫方法】
パースレインの葉茎をサラダに利用する場合は、若葉を収穫するようにします。

肉厚でぬめりけのある独特の食感を楽しめます。

アトラクティーボでは日本では手に入りにくいイタリア野菜を中心にスペイン野菜・フランス野菜などの西洋野菜や種子を栽培生産および販売・通販を行っております。

イタリア野菜・西洋野菜と種子通販・販売アトラクティーボ


フランス料理で使われる草「プルピエ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です