イタリアンハーブ・エルバステラの育て方

イタリア語で「星の草」という名の野菜・エルバステラ

ちょっと変わったものを育ててみたいという方は、エルバステラはいかがでしょう。

サクサクとした歯ごたえと木の実のような香り、程よい甘みと苦みが人気だそうです。
オオバコの仲間なので、雑草並みの生命力で元気に育ってくれますよ。

日本の道端に生えている雑草オオバコの仲間の、オオバコ科の植物です。
春3月~6月、秋9月~10月に種蒔きして育てられます。

吹けば飛ぶような、小さな種です。

か細い髪の毛のような双葉で発芽してきます。

他の雑草が生えていると見逃してしまいそうなくらいです。
畑で栽培する方は、しっかり草取りしておきましょう。

しばらくは細長い葉が次々と出て育ちます。

う少し経つと、この品種に特徴的な「ツノ」が生えてきますよ。

イタリア語ではErba Stella (星の草)ですが、英語ではBuck’s Horn (鹿の角)と呼ぶらしいですよ。
他にもMinutinaという呼び名もあるそうです。

そしていずれ、どんどん育ちこんなに茂ります。

柔らかい新芽や新しい葉を摘んで収穫します。

アトラクティーボでは日本では手に入りにくいイタリア野菜を中心にスペイン野菜・フランス野菜などの西洋野菜や種子を栽培生産および販売・通販を行っております。

イタリア野菜・西洋野菜と種子通販・販売アトラクティーボ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です