チェリーベル ラディッシュの栽培方法

さくらんぼのような可愛らしいラディッシュ
地域 蒔き時期(露地) 蒔き時期(ハウス・トンネル等)
寒地・冷涼地
中間地 4月上~7月中・9月上~10月上 10月中~4月上
暖地 4月上~7月中・9月上~10月上 10月中~4月上

収穫まで約21日。

草丈:約15cm

直径3cm程の可愛いラディッシュです。

果肉は白く、マイルドな風味です。

収穫も早く、お子様と一緒に楽しんで作っていただけます。

《育て方》

播種:3月初~6月末→収穫:3月中~7月初

播種:9月初~11月末→収穫:9月中~12月初

通常の二十日大根同様です。

大根の育て方

大根は古くから日本で栽培されてきた野菜で、地方によって品種も多く形や肉質などの品種の分化が著しく発達している野菜です。
気候は涼しいところを好み、生育温度は15~20℃が適しています。
高温に弱く、関東以南では高冷地を除いた5~7月まきは病虫害にあいやすく、収穫が難しくなります。
寒さには強い方ですが、晩秋以後の低温は根の太りが悪くなるので、栽培地にあった品種を選びましょう。

1.土作り

又根とならないよう、深く良く耕し、約1坪当り苦土石灰300gを混ぜ酸度調整を行います。一週間後、堆肥7kg、緩効性肥料500gを全面に施し、深さ30cm位までよく耕しておきます。

堆肥は完熟したものを用い、種まきまで2週間ほどおきましょう。

幅60cm高さ10cmほどの畝を作ります。水はけのよい火山灰土では、平うねでかまいませんが、低地では高うねにして排水が良くなるようにしたほうが良いでしょう。

2.種まき

条間40~50cmの2条まきで、株間30cmごとに空き缶の底などで深さ1cmほどのくぼみをつけ、1ケ所に4~5粒の点まきをし、細かい土で厚さ1cmほどに覆土します。

畑の土がひどく乾燥している場合はたっぷりと水をやりましょう。

4.中耕・追肥

間引きに合わせて1回目は肥料を株の周りにばらまき、軽く土とまぜながら株元へ土を寄せます。2回目はうねの片方ずつに浅い溝をつくり、そこへ肥料をばらまき通路の土をやわらげながら溝に土をかけるようにしてうねをつくります。

追肥の量は、約1坪あたり、1回目は化成肥料150g、2回目は化成肥料200g~300g位施します。

5.収穫
栽培時期によって異なりますが、秋どり栽培は60~70日、春どり栽培は10月まきで120~140日、3月まきで80~90日、夏どり栽培は60日位で根が肥大するので、太りしだい収穫します。収穫が遅れると根がス入りになります。ス入りは葉柄のス入りと関係があるので、古い葉のつけ根から3cmぐらいのところを切断し、その中央部がス入りしているようなら、根もス入りしていると判断することができます。

アトラクティーボでは日本では手に入りにくいイタリア野菜を中心にスペイン野菜・フランス野菜などの西洋野菜や種子を栽培生産および販売・通販を行っております。

イタリア野菜・西洋野菜と種子通販・販売アトラクティーボ


真っ赤なさくらんぼのような丸い可愛らしいラディッシュ「チェリーベル」の種 30粒

真っ赤なさくらんぼのような丸い可愛らしいラディッシュ「チェリーベル」の種

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です