メキシコ料理に欠かせない食材トマティーヨ

メキシコ料理に欠かせない食材トマティーヨ

トマティーヨ、トマティージョ、トマティロ(英: Tomatillo)は、ナス科の植物、およびその小さな球状の緑または紫がかった果実である。学名はPhysalis philadelphica(異名: Physalis ixocarpa Brot)。

メキシコでは、トマティーヨはトマテ・ベルデ(tomate verde、緑のトマト)と呼ばれ、メキシコ料理に欠かせない食材である。トマティーヨは西半球で栽培される。その名前と異なりトマトの一種ではないが、同じナス科である。

概要
トマティーヨは、萼から形成される薄い殻に覆われた果実である。果実が熟すると、いっぱいに膨らみ、殻を割って収穫される。殻は茶色になり、果実は熟すると黄色、赤、緑、または紫色のいずれかになる。トマティーヨはラテンアメリカ料理の新鮮なまたは調理したグリーンソースの主材料である。殻が新鮮で緑であることが品質の基準である。果実は堅く明るい緑色のものが高品質であり、緑色と酸味がこの果実の特徴である。

トマティーヨの他の部分には毒性があり食用にならない。

トマティーヨは自家不和合性である。(受粉のために2つ以上の個体の植物が必要であり、個体のトマティーヨに果実が成るのは稀である。)

熟した新鮮なトマティーヨは、冷蔵庫で約2週間保存できる。殻を取り除いた果実を保存袋に密閉すると、冷蔵庫でより長く保存できる。丸ごとまたは薄切りして凍らせても保存できる。

メキシコ料理に欠かせない食材トマティーヨ

メキシコ料理によく使われるゴルフボール大のホウズキで、袋状の外皮の中に緑色のトマトそっくりの果実が出来ます。この酸味のある果実は生食しても美味しく、パラピーノと混ぜサルサソース、サラダや酢漬け、ピクルス、ジャム、タコスソースなどに使います。カルシウムや鉄、ビタミンA1、B1、B2などに富んでいます。収穫は、外皮が乾燥して、茶色になった時です。緑色の果実は酸味があり、完全に熟した黄色い果実には、甘味があります。

アトラクティーボでは日本では手に入りにくいイタリア野菜を中心にスペイン野菜・フランス野菜などの西洋野菜や種子を栽培生産および販売・通販を行っております。

イタリア野菜・西洋野菜と種子通販・販売アトラクティーボ


メキシコ料理に欠かせない食材トマティーヨ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です