丸いフォルムが愛らしいニンジン/パリス・マーケット・アトラス

丸いフォルムが愛らしいニンジン/パリス・マーケット・アトラス

商品の説明

19世紀のフランスのエアルーム品種。
丸いフォルムが愛らしく、収穫が楽しくなる人気品種。
とても甘くて美味しい。コンテナ栽培にもおすすめ。

種まき:3~7月  発芽は10~20℃で14~21日
種まきから収穫まで50~68日

育て方

冷涼な気候を好み18~20℃でよく育成します。生長してからは暑さに弱いので、夏まきは幼苗期に夏を過ごさせて、秋に生育適温になるように育て、秋から冬に収穫をするようにするとうまく育てられます。夏まきのニンジンは暑さに強く生育期間が長い五寸種や長根系が適しています。
本葉3~4枚になったら、育ちの悪い苗を間引き4~5cm間隔に間引きをします。さらに本葉6~7枚の時に8~10cm間隔に間引きします。
間引き後、化成肥料を1平方メートル当たり40~50g程度施してニンジンの株元がかくれる程度に土寄せします。 2回目の間引きが終わったら、化成肥料70~80g/m2を蒔きます。

丸いフォルムが愛らしいニンジン/パリス・マーケット・アトラス

ほとんど丸い根を持つ初期の品種。素晴らしい品質と色。

栽培されたニンジンの根は、肝臓によってビタミンAに変換されるベータカロチンの豊富なソースです。ダイエットで通常のアイテムとして使用されると、根は視力と皮膚の健康を改善し、抗癌効果も持ちます。素晴らしいクレンジング薬で、肝臓をサポートし、尿の流れと腎臓による老廃物の除去を刺激します。

植物は16〜18°cの平均温度で最もよく成長します。28°Cを超える温度では、上部の成長が低下し、根が非常に強く風味付けされます。16°C未満の温度では、根は長くなり、先細になり、色が薄くなります。葉は適度に霜に弱いですが、根は非常に丈夫で、ナメクジやハエなどの害虫が問題にならない限り、ほとんどの地域で冬に地面に安全に残されます。保管のために掘り出された場合、根は0〜1°Cおよび高い相対湿度で最大6か月間保管できます。

軽くて温かく水はけの良い土壌と十分な水分を好む

ニンジンはレタスとチャイブでよく育ちますが、ディルは嫌いです。彼らはまた、ジャガイモ、コールラビ、フェンネル、キャベツでひどく成長します。

食用

ルート-生または調理済み。よく育った植物の根はサクサクで甘くてジューシーで、とても素晴らしく、野菜として調理されるか、スープ、シチューなどに加えられます。すりおろされた根はサラダボウルにおいしい追加です。ジュースは根から抽出し、健康促進ドリンクとして使用できます。根にはカロチンが非常に多く含まれており、食べると体内でビタミンAに変換されます。根は時々粉に粉砕され、ケーキ、パンなどを作る際に使用されますローストした根はコーヒーの代替品です。

根から抽出されたカロチンは、オレンジイエローの食用色素として使用されます。

葉-生または調理済み。非常に強い風味で、ミックスサラダに少量加えることができます。葉にはビタミンEが豊富な油が含まれており、スープの香料として使用されることもあります。

種子からのエッセンシャルオイルは、食品の香味料として使用されます。

イタリア野菜・西洋野菜の種子のご購入はこちらへ

丸いフォルムが愛らしいニンジン/パリス・マーケット・アトラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!