アメリカで100年以上前から栽培されているピンクバナナかぼちゃ

アメリカで100年以上前から栽培されているピンクバナナかぼちゃ

アメリカで100年以上前から栽培されている固定種です。 1~5kgまで育ちます。 ファイバーが少なく、甘いので人気があります。

和名: ピンクバナナかぼちゃ
英名: Pink Banana Pumpkin
学名: Cucurbita maxima

原産国: カリフォルニア州・アメリカ
形態: ウリ科カボチャ属、つる性一年草
草丈: 30~50cm 地に這います
栽培日数: 110~120日
利用: 食用、オーナメント
播種時期: 3~6月
発芽適温: 20~27℃
発芽率: 91%
耐寒温度: 7℃
耐暑温度: 40℃
結実性: 雌雄同株
遺伝子組み換え: 無し
株間: 2m
連絡障害: なし

【栽培方法】
■土壌、環境
非常に暑さに強いのが特徴です。 他の植物があまりの暑さで元気がなくなる時期でも生き生きとしています。 土壌は特に選びませんが、大きく育つので株間は広めにしてください。 重たくなるので、吊るすのは無理です。

■種蒔き
鉢に撒いて、土を3cm程度被せて水をあげてください。 2週間程度で発芽します。 発芽するまで水を切らせないように注意してください。

■定植
本葉が4~5枚になったら大き目の鉢もしくは露地に定植してください。

■水やり
土が乾いていたら水をやってください。 春から夏に掛けて育てる植物で、生育旺盛な植物ですから、水が切れやすいです。 気温の上昇とともに水やりの頻度を増やしてください。

■肥料
元肥は特に必要ありません。 草丈が1.5mになったら、液体肥料か緩効性固形肥料をやってください。 肥料の成分で「リン」が入っていないと花が咲きません。

■収穫
実が赤く熟してきたら収穫し、乾いた涼しいところに貯蔵してください。 収穫後は半年程度の保管(展示)も可能です。

アメリカで100年以上前から栽培されているピンクバナナかぼちゃ

カボチャジャンボピンクバナナは、非常に信頼性の高いカボチャの品種です。
夏は雨が多く日照が少ないときでも収穫がよくなります。この後続品種には多くのスペースが必要ですが、スペースが不足している場合は、ブドウを内側に導くこともできます。

この場合、はるかに小さな果物でより小さな収穫を得ることができます。その後、ピンク色の大きなバナナの形をした果物は、それぞれ最大7〜9 kgの重さになります。しかし、十分なスペース、日光、餌を与えれば、体重はそれぞれ22〜27 kgになり、サイズは約120 cmになります。

これらのカボチャは繊細な風味と乾燥した、甘い、オレンジの果肉を持っています。これらの果物を冷たく、暗く霜のない場所に保管して、数か月間保管します。

カボチャには、ビタミンA、B1、B2、B6、B11、Cがたくさん含まれています。カリウム、カルシウム、リン、鉄、銅、亜鉛などのミネラルも含まれています。

また、多くのオメガ3と非常に少ない脂肪が含まれています。それは非常に健康的な野菜です。カボチャも非常に汎用性の高い野菜です。調理、グリル、焼くことができます。スープ、パスタソース、キャセロール、シチュー、炒め物、ケーキにカボチャを加えます。

カボチャは、ベーコン、トマト、卵、チーズ、マッシュルーム、パスタと組み合わせて美味しいです。パンプキンカスタードホワイトは、サラダにそのまま使用したり、スナックのようなディップソースとともに使用することもできます。このカボチャを冷凍保存して保存できます。

イタリア野菜・西洋野菜の種子のご購入はこちらへ

アメリカで100年以上前から栽培されているピンクバナナかぼちゃ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!