加熱をしてもシャキシャキ感が残る/南フランスの伝統野菜/シュクリーヌレタス

加熱をしてもシャキシャキ感が残る/南フランスの伝統野菜/シュクリーヌレタス

Sucrine Lettuce シュクリーヌ・レタス

日本ではまだあまり知られていないシュクリーヌ・レタスですが、南フランスの伝統的なレタスです。最近ではスペインなどで水耕栽培され注目され始めたLittle Gem Lettuce/リトル・ジェム・レタス(小さな 宝石 レタス)や、時々国内で見かけるミニロメイン・レタスなどが非常に近い種類のレタスです。

やや小ぶりのシュクリーヌは、しっかりと巻き込んだバターヘッドタイプのサラダ菜とレタスとロメインレタスの特性を組み合わせた様なレタスです。肉厚でしっかりとしながらもシャッキリとした食感、ミネラル感のある甘味、巻きこんだ葉の中の黄色く軟白された色合い、今までにないレタスの特色を持つレタスです。

日本でレタスと言えばほとんどが生でサラダにする事に用いられますが、シュクリーヌの伝統的な食べ方には、焼いて表面と中身の食感を楽しんだり、あるいは煮込んでシュクリーヌならではの食感を味わったり、蒸す事も出来るでしょう。それはシュクリーヌならではの食感が可能にする調理方法です。

今までに無かった加熱に適しているレタスとしても非常に興味深いレタスです。もちろん、生でサラダ等にしていただいても肉厚な食感、複雑な甘味、綺麗な色合いを存分にお楽しみ頂けます。ヨーロピアンタイプの本格的なリーフレタスの登場です。

イタリアン料理を中心にサラダやバーニャカウダに使ってもおいしいですが、シュクリーヌは加熱をしてもシャキシャキ感が残る特徴があります!

表面を焼いたり、煮込んだり、蒸したりと色々な調理に使えます。

加熱をしてもシャキシャキ感が残る/南フランスの伝統野菜/シュクリーヌレタス

スクリンはレタスの一種です。それは、厚く、鋸歯状で、多肉質の葉を持つわずかに細長い形状の小さなレタスです。フランスでは、主にミディ(南)地方で栽培されており、ここでは«craquerelle du Midi»としても知られています。波打つ、ぱりっとした、そして微妙に甘い葉は、その名前の由来であり、サラダに適しています。または、フライや煮込みが可能なホットガーニッシュとしても適しています。

4月から7月にかけて、腐植の多い冷たい土壌に播種します。外:25 cmごとに1つの植物だけを保持するため、ラインを30 cm離し、低密度で播種します。種子を砂と混ぜて簡単に処理できます。土を残さずに表土を細かく仕上げ、引っかき傷と繊細な掻き取りで仕上げます。種子を奪うような渦巻きを作らずに、散水器で、またはそれ以上で、スプレーで優しく振りかけます。内部:2月と3月に覆い隠す。25 cmごとに1つの植物のみを保持するため、ラインを30 cm離し、低密度で播種します。種子を砂と混ぜて簡単に処理できます。土を残さずに表土を細かく仕上げ、引っかき傷と繊細な掻き取りで仕上げます。水まき缶またはそれ以上を噴霧器で優しく振りかけます。

加熱をしてもシャキシャキ感が残る/南フランスの伝統野菜/シュクリーヌレタス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!