サンマルツァーノトマトのパンツァネッラ

サンマルツァーノトマトのパンツァネッラ

パンツァネッラとは?

パンツァネッラPanzanella [pantsaˈnɛlla] 、パンモッレpanmolle [pamˈmɔlle])は、夏に人気のトマトとパンを使ったイタリア、トスカーナ州で食されるイタリア料理である。水でふやかした古いパンのぶつ切り、トマト、玉ねぎ、バジルと、オリーブオイルと酢をあえた料理である。 トスカーナ州以外のイタリア中部の地域でも、よく食されている。

歴史

16世紀の芸術家で詩人のアーニョロ・ブロンズィーノがトーストを入れた油と酢と玉ねぎを賞賛し、後に玉ねぎ、スベリヒユ、キュウリのサラダについて語った。この記述がパンザネッラについて語ったものだと解釈されている。

原材料

20世紀までトマトではなく、タマネギをベースにしていた。

現代においては、通常、水に浸してから絞った古いパン、トマト、オリーブオイル、酢、塩、コショウから出来ている。さらにタマネギとバジルがしばしば追加される。それ以上の食材を投入する場合もあるが、 フィレンツェの伝統主義者はそれらの投入されたサラダに難色を示している。

サンマルツァーノトマトのパンツァネッラのレシピ

サンマルツァーノトマトのパンツァネッラ・トスカーナの夏の定番の伝統料理。
固くなったパンをサラダに再利用!
イタリアのパンとトマトのサラダであるパンツァネッラは、古いパンを使い切るのに最適な方法なんです。

パンのサラダ。ちょっと考えてみてください。「サラダ」という言葉の前に「パン」という言葉を置くと、人々の注目をすばやく集めることができます。いくつかの良い草のようなオリーブオイルと夏のトマトのチャンクを追加すると、非常に良いリスナーになります。

その最も単純な形式では、イタリアのパンザネラはほとんどそれだけです。トスカーナは古くて無愛想なパンを取り、それを大きなゴツゴツした破片に引き裂き、良質のオリーブオイルに浸し、熟成した材料などで古いトストスを与えます。それらの古典的なものの1つである、「食材が自ら語る」状況は、単純なものよりもさらに美味しいものです。

材料 (4人)
■固くなったトスカーナパン
500g

■紫玉葱スライス
1/2個

■トマト太目のみじん切り8サンマルツァーノ)
4個

■にんにく
1片

■バジルの葉
10枚

■きゅうりスライス
1本

■人参(みじん切り)
1/3本

■セロリ(みじん切り)
1/2本

■チーズの1㎝角
適量

■塩、胡椒
適量

■オリーブオイル
適量

■水
適量

■赤ワインビネガー
大5

■オリーブ
12粒位

1・パンを水に浸し水分を浸透させ、手で絞る。

2・1にすべての材料を合わせ味を調える。

イタリア野菜・西洋野菜の種子のご購入はこちらへ

イタリアントマト・サンマルツァーノ

error: Content is protected !!