黄色がかったトマトソースを演出するのに最適/クリームソーセージトマト

黄色がかったトマトソースを演出するのに最適/クリームソーセージトマト

「クリームソーセージ」名前の通り、ソーセージをイメージさせるような細長の黄色のトマトです。

大きさはミニトマトより大きめのミディトマトです。

トマト本来の酸味、旨味がしっかりしており、ソースや生食としても利用可能なトマトです。

黄色がかったトマトソースを演出する際には最適です。

★注意:クリームソーセージは市場への入荷量が少なく入荷が大変不安定です。

淡いイエローの果実はユニークなソーセージ形でマイルドな風味を持つ。
サルサやサラダに最適。 生育旺盛でたくさん収穫できる。

種 ま き:3~4月  発芽は18~20℃で7~14日
植えつけ:5~6月  植えつけから収穫まで80日

トマトの栽培方法はこちら

【糖度の上げ方】
トマトには水分を切らせると糖度を上げる(種を残す為、鳥に食べてもらって、遠くに運んでもらう)という習性があります。 100日を目安に、これ以上伸びて欲しくない場合には葉が若干枯れる程度にまで水をあげないようにすると糖度が上がります。

黄色がかったトマトソースを演出するのに最適/クリームソーセージトマト

クリームソーセージ別名バナナクリーム。バナナクリームという名前のトムワーグナーによるブレッド。2004年にBaker Creek Heirloom SeedsによってCream Sausageとして紹介されました。この通常の葉は確定的で、非常に生産性の高いブッシュ植物で、ステーキングは必要ありません。花の端に小さな乳首を持つ3インチの長いクリーミーな白黄色のソーセージタイプのペーストトマトの多産プロデューサー。非常に良い甘いフレーバー。

そして葉は、しっかりと生産性が高く、ステーキングが不要なブッシュ植物で、花の端に小さな乳首が付いた、長さ3インチのクリーミーな白黄色のソーセージタイプのペーストトマトの多産地です。甘いサルサやおいしい黄色のパスタソースを作るのに最適です。

植え付けと収穫のヒント:
屋内で開始し、最後の霜の日付後に庭に移植します。日当たりの良い場所を選び、5フィート離れた列に2フィートの間隔を空けて、植物に十分なスペースを与えます。水分を節約し、雑草を減らすために、サポートとマルチを提供します。

ブドウで完全に熟した果実は、早めに収穫され熟した果実よりもはるかに豊かな風味を持っています。ただし、気温が下がった場合は、すべての果物(緑かどうかにかかわらず)を屋内に持ち込む必要があります。涼しくて暗い場所、または紙袋に保管すると、1〜2週間以内に緑色の果物が赤色に変わります。

イタリア野菜・西洋野菜の種子のご購入はこちらへ

黄色がかったトマトソースを演出するのに最適/クリームソーセージトマト

error: Content is protected !!