フランス原産/氷の女王/耐寒性のあるバタビアレタス/アイスクイーン

フランス原産/氷の女王/耐寒性のあるバタビアレタス/アイスクイーン

Friséede Beauregardとも呼ばれるアイスクイーンレタスは、耐寒性のあるバタビアレタスです(その名の由来)。この種類のサラダには、濃い緑色の非常にカットされたパリッとしたおいしい葉があります。5月から11月に消費されます。鮮度と軽さが評価されています。すべてのレタスと同様に、水、ビタミン、ミネラルが豊富です。

「氷の女王」とも呼ばれる品種で、耐熱性と種子耐性があります。それは小さな青リンゴを形成し、鮮明な葉で堅くなります。

ヨーロッパは比較的、寒い地域が多いので寒さに強い野菜が多いですね!
「氷の女王」ってネーミングもセンスがあります。

葉の色
春に明るい緑。夏は明るい緑。秋の明るい緑

特定の害虫
鳥類 、ヨコバイ 、レタス根うじ虫 、ルートアブラムシ 、イモムシ 、ナメクジ 、カタツムリ

特定の病気
灰色カビ 、レタスべと病 、モザイクウイルス 、リングスポット

剪定
外側の葉を収穫すると、内側の葉が成長し続けます。

伝搬
2週間ごとに早春から真夏まで、一連の作物をまきます。深さ1.5cm、間隔30cmのドリルで薄くまきます。25cm離れた細い植物。

植物名:Lactuca sativa

フランス原産/氷の女王/耐寒性のあるバタビアレタス/アイスクイーン

実践的なアドバイス

実生は15°の土壌で行われるため、冬からの播種用のシャシーまたは苗床の下で、春から直接所定の場所で行われます。

深さ0.5 cmの溝を掘って種をまきます。

播種後に移植を選択する場合(タイプ:シャーシの下)、かなり明確なラインで播種します。

種は鉢植えの土または細かく砕いた土でかろうじて覆われ、その後、熊手の後ろでリードする必要があります。土をよく湿らせてください。

首輪を埋めないように注意しながら、30 cmごとに最も美しい植物を移植します(レタス植物は「浮く」必要があると言われています)。

気候があなたを許し、あなたがその場で直接soくなら、30cmごとに2-3個の実生の苗をまき、それらがおよそ3葉に達したときに最も美しい植物だけを保ちます。

サラダが大好きなプランテーションナメクジを保護するように注意してください。

重要:暑すぎる土壌ではレタスの発芽が不十分です。そのため、夏の苗木を保護して、リフトを促進してください。

土壌のメンテナンス

除草と除草を厳密に行う。

散水

定期的に水をまきます。レタスは水不足に悩まされてはいけません。

収穫

植物のニーズと開発に応じて収穫します。

保存

レタスはその特性の一部、特にビタミンCをすぐに失うため、摘み取った後は直接消費します。

フランス原産/氷の女王/耐寒性のあるバタビアレタス/アイスクイーン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!